takosan's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS アスファルトの損得勘定。

<<   作成日時 : 2010/10/27 17:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、クルマの6ヶ月点検に行った。

タイヤも交換してもらうことになり、結構な待ち時間ができたので営業のヒトとしばらく話す。

自動車関連業界は不況に加えてクルマ好きなヒトが減ったせいもあり、結構厳しいという話から、高速道路の料金の話になり、やがてアスファルトの話になった。

アスファルトにもいろいろと種類があり、高速道路の場合、安全性確保のため、水をよく通す舗装にしているのだそうだ。雨の日に路面に水がたまるとハイドロプレーニング現象が起きやすくなって危険なためで、透水性舗装とか排水性舗装とか言うらしい

これはアスファルトに隙間があるということを意味するので、通常よりも柔らかい。そのため痛みやすく、すぐにでこぼこになるので、普通の道路よりも頻繁に維持のための工事が必要になるのだそうだ。

ということは、「耐久性の非常に高い透水性アスファルト」あるいは「アスファルトに代わる頑丈な透水性の材料」を開発すると、儲かるということだ。

その代わり高速道路の維持工事は減る。張り替え工事の需要は生まれるが、一時的なものだ。

誰かが儲かると誰かが損をするという話。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アスファルトの損得勘定。 takosan's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる