takosan's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS つまりキミはバカなんだな。

<<   作成日時 : 2010/10/28 18:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

研修会に出てみたら、思っていたより人数が少なかった。

極力全員参加と言うから出席したのだけど、普通サイズの教室に余裕をもって収まる程度の人数しかいなかった。実際には職場全体で数百人はいるはずだ。3大学共同開催なのにこの人数。大半の同僚は欠席と言うことだ。なかなか、こういうものに出るか出ないかという空気を読むのは難しい。

肝心の内容は、ハラスメントの話。大学の場合は、アカデミック・ハラスメント(略してアカハラ)が問題となる。

例えば、セクハラはもちろん、東大の某教授が研究試薬の購入を任せた助手に対し、「業者との交渉次第でもっと安く買えるはずだ!差額はお前が払え!」とやった実例や、指導学生に対してバカと罵った上にレポートを目の前でゴミ箱に捨てるといった実例(今回の記事のタイトルはその再現VTRに出てきたセリフです)、助手が結婚記念日に旅行に行くという理由で休日を取ろうとしたら、教授がそのヒトの妻に電話をして妻に説教をしたという実例などが紹介された。

また、これは一般企業の話だそうだが、普段はお堅い、あまり会話のない上司からの「仕事ぶりを労うメール」にハートマークやら絵文字やらがいっぱいで、そのギャップに苦しんで鬱病になったヒトもいるらしい。

今回の講師の方の職場では、先輩が自分の作った資料を見て無意識にため息をついたという理由で泣き出したヒトがいるのだそうだ。目の前で嫌みでついたため息ならわかるけれど、席は離れており、小さな、思わず「あー、こんな風にやっちゃったのね」という思いから出てしまったため息だったらしい。

お互いがどんなヒトかわかりあっていれば、つまり信頼関係ができあがっていれば大丈夫なのだろうけど。わかり合うためにコミュニケーションを取ろう、交流を持とうとすると、それはそれでその過程にはまた新たな火種が待ち受けている。距離を置いたら置いたで溝ができる。

道のりは結構険しいように思えるけれど、全体としては問題が起きていない場面の方が多いわけで、人間のコミュニケーション能力はそんなに低くない。ただ、たまにすれ違ってしまうのだ。

心に留めておくだけでも、だいぶ違うのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つまりキミはバカなんだな。 takosan's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる