takosan's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 社長の器。

<<   作成日時 : 2010/10/08 18:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、出版社の社長が突然研究室に訪ねてきた。

東京にある学術関連図書専門の出版社の社長さんで、決して大会社ではないけれど、狭いこの業界では結構有名(かつ一般的には無名)なヒトだ。「博多出張のついでに、ご挨拶に来ました」という。このまま東の方向に営業の旅を続けるらしい。

学校教育の古典文法と、学術研究としての文法史にはちょっと距離があって、僕の職場のようなところではちょっと教えるのに工夫が必要。ぴったりの教科書は今のところない。あればいいなーと思うのだけれど。非常に残念。

僕がそんな話をしたところ、「じゃあ、お書きになってみませんか」「2年くらい、そういうつもりで授業してみてください」と社長。

なるほど。出版社は売る本があってこそのもの。そうやってアイデアを研究者に投げかけ、日本中に種を蒔いているのだな。

家族経営で始め、短期間で狭い業界とは言え急成長したこの出版社。その秘密の一端を垣間見た思い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
社長の器。 takosan's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる