takosan's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「萌え」の意味拡張について。

<<   作成日時 : 2012/03/20 15:55   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

タイミング良く、「彼氏を妄想するツイートが大流行」という記事を発見。

まとめサイトもある。
Twitterの「#彼氏いません」タグが暴走している件-NAVERまとめ

#彼氏いません まとめ-Togetter


詳細は記事やまとめサイト参照。要は、彼氏がいると仮定して萌えるシチュエーションを妄想したつぶやきが展開されているということらしい。男が書いた「#彼女いません」というのもあるらしいが、「#彼氏いません」の方が秀作が多いようだ。以下に記事の一部を引用する。

例えば、

「家で格ゲーしてたら隣でごろごろしてた彼が私のふとももにアゴのせてきて『ひまー』だって、可愛いw」
「漫画のキャラ名をツイッターで『○○君カッコいいい』って叫んだら、彼氏が妬いて『○○って誰だよ…』ってメールしてきて…」

といった具合に“萌えるシチュエーション”をツイートし、最後に「#彼氏いません」というハッシュタグをくっつけることで、すべてが妄想だったことを明かす流儀になっており、あまりの盛り上がりぶりと内容の“キモさ”が話題となって、「NAVERまとめ」や「Togetter」などで、ツイート内容が次々とまとめられている。

引用した記事中では「萌えるシチュエーション」と言っているが、普通の恋愛の一場面を妄想しているものが多い。比較的現実とのつながりのある妄想であり、元々のアニメや漫画等のキャラクター相手に使われていたような「萌え」とは趣を異にする。

「萌え」というのはいわゆるオタク的男子たちの世界で生まれた言葉と考えられているが、「#彼氏いません」の紹介記事中では「胸キュン」に代わる語として用いられているようだ。

派生した「#弟いません」だとか「#妹いません」まで来ると、実際の兄弟関係との乖離が進んでおり、本来の「萌え」の概念に近い。

Wikipediaには、「萌え」の用法の拡大例として、実在の俳優やアイドル、人間以外の動物(鯨萌え)や無生物(工場萌え、中華鍋萌え)、無形の概念(音楽など)が挙げられている。元々の二次元キャラクターを含め、これらはすべて現実的には相手からの反応が期待できない、一方通行の感情だ。

「#彼氏いません」も実際には彼氏がいないため、架空の出来事という点では本来の用法と共通する。しかし従来の用法と大きく異なるのは、相手が現時点では架空とは言え「彼氏」という身近な存在である点だ。「彼氏」ならば双方向のコミュニケーションが可能である。つまり、これは「萌え」の新用法である可能性がある。

新用法の「萌え」は「萌え」本来の用法では無い。しかし、本来の「萌え」も、それを感じる際の身体的感覚は「胸を締め付けられるような」感覚であり、恋愛場面において「胸キュン」と呼ばれるものと基本的には同じである。この共通点が「萌え」の用法拡大の架け橋となったのだろう。

胸キュンは一時は死語となりかけた語のようだが、現在でも「男子が胸キュンしてしまう5つの法則」のように見出しなどでは時々見かける語である。

また、類義語に萌え用語「キュンキュン」もあり、「キュン萌え」「萌えキュン」等の造語も生まれている。(用例はgoogleで検索すればすぐに見つかる。)

さらには、

男性のココがカワイイ!胸キュン!萌え!ってなるトコ教えてください!

という用例もある。本文にも「女はやっぱりオトコ萌え〜」と書かれており、また回答者とのやり取りに「笑顔は一番の萌えどころですよね!」ともある。〈萌え=好き・魅力がある〉くらいの感覚で使われているように読める。ここまで来ると、最初に紹介した記事以上に現実感のある用法であり、完全に新用法と認めて良いだろう。

このように、「胸キュン」と「萌え」「カワイイ」の境界は曖昧になってきている。また、統計的調査は行っていないが、googleでざっと探してみた限りでは、このような「胸キュン」や「カワイイ」の領域へと拡大した(あるいは、しつつある)用法の使用者は女性が多いようである。そもそも「カワイイ」も男子よりも女子の方が使用対象の範囲が広い。また、あくまで一般論ではあるが、言葉の用法を拡大させて使いがちなのも女子である。

どうやら、「萌え」がオタク用語という時代は終わりに近づいているようだ。そして、それを推進するのは、創萌力に長けた「萌え」の創造者たるオタク男子達ではなく、妄想力豊かな女子達である可能性が高い。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「萌え」の意味拡張について。 takosan's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる