takosan's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 仕事を終える、仕事を終わる。

<<   作成日時 : 2012/11/29 17:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「締め切りを過ぎた仕事その2」を終えた。

(1)仕事終わった。

はちょっと変。「仕事終わった」と言いたい。しかし、

(2)「これで本日の講義を終わります終えます

だったら「終わります」の方が自然。大体の文脈では「〜を終えます」を使い、「〜を終わります」と言える状況は少ない。(2)のような宣言以外では聞いた覚えがない(別文脈でも使えるようだったら教えてください)。「〜が」なら「終わる」、「〜を」なら「終える」で統一されていた方がわかりやすいだろうに、現実はそうではない。

なぜこんな限られた文脈の時だけ「〜を終わる」を使うのだろう。


ちなみに次は出張の準備にとりかかる。そして「必ず入る予定の時間のかかる仕事」がそろそろ届くはずなのにまだ来ないので戦々恐々としている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
主体が自分か(〜を終わる)、
もしくは自分の手を離れた仕事や作業だったりするか(〜が終わる)、
の違いが、「終わる」に「が」か「を」をつけるかの違いだわな。心理的距離感というか。

で、「終える」は「終わる」に対して、意志の強さを感じるかな。「自分が、終了するのだ」という。それに対して「終わる」は、全体での作業が終了するというか。

ちなみに高校で授業してると、「終わります」ばっかだよ?「終えます」、の方が少ない。
iMc
2012/11/30 00:34

確かに学校でよく使いそうなんですよね。

「を終わる」「を終える」ともに日常会話ではあまり使わないから、「これで〜を終わります」の頻度が高い学校では「終わる」ばかりになるってコトかな。

「〜を終わる」は明治時代には「我輩は已に晩餐を了(ヲハ)ったから」って例があるみたいですが。

宿題をきちんと終えたのか?と聞きたいときも「宿題終わったの?」か「宿題やったの?」になっちゃうので、「終える」自体の出番って、固い話し方か文章に限定されてますね。
takosan
2012/11/30 18:42
「終える」はかなり固い感じがするねぇ。複合語でもあんまり例を思い出せないし。「食べ終える・飲み終える」「読み終える・書き終える」みたいなものが出てくるかと思うけど。

勘違いしてたら申し訳ないけど、ひょっとして大学の講義では「終える」が多いんじゃない?一方で、研究室なんかだと「終わる」が多かったり。
生徒や学生とともに何かをしていて、それを終了するときには「終わる」だけど、自分が何かをしているときには「終える」になると思うんだよね。
というより、他者と何かを行っていたり、他者の存在が介在しているときには「終える」は使いにくそう。やはり「意志」という要素が強く「終える」には含まれていると思う。

まぁ、つまり、大学の講義ってのは、教授が前で自分の興味(世界)をただ自分のペースで自分にしか分からない言葉で蕩々と語っているということで……。
iMc
2012/11/30 21:44

>>ひょっとして大学の講義では「終える」が
>>多いんじゃない?一方で、研究室なんかだ
>>と「終わる」が多かったり。

んー。講義や講演の終了宣言で「終えます」って言ってるヒトはたぶんいないと思いますねぇ。

みんなで共同作業をしている場合だと、

「まだ途中だけど、もう今日はここまでにして帰ろう」
→「もう終わろうか」

「結構遅い時間になったけど、完成させないとまずいからやっちゃおう」
→「今日中に終えよう」

っていう使い分けになります。「終わりにしよう」ならどちらも言えます。

「〜を終わる」は催しや会議、授業等を終了させる場合、「〜を終える」は仕事や宿題、作業等をやりきって完成・完了させる場合に使う、という使い分けがあるように思います。これなら「自分が何かをしているときには「終える」になる」という感覚とも矛盾しませんし。

「食べ終える」だと全部食べ切っていそう(食べることの完遂)だけど、「食べ終わる」だと残していても言えそう(「食事」という行為の終了)、という違い。
takosan
2012/12/03 17:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
仕事を終える、仕事を終わる。 takosan's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる