takosan's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 褒めること(その2)。

<<   作成日時 : 2013/09/28 14:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(続きです。)

静岡県知事による、国語Aで全国平均を上回った小学校の校長名公表は、「褒める」目的を達成できているのか。

褒めることによって何の効果も意図していないのならただの自己満足ということになるので、まずはその可能性を除いて考える。褒める効果として、想定できそうなことをざっとあげるとこんなところだろう(前回挙げたものも言い換えてあります)。

(1)今までやってきたことが認められて嬉しい(精神的報酬)

(2)成果を上げれば評価されることがわかり、今後の意欲につながる

(3)褒められなかった者も成果を上げれば評価されることがわかり、今後の意欲につながる

(4)褒められなかった者は何が足りなかったのかを知ることができるので、優先的に改善すべき点が見えやすくなる

(5)褒められなかった者もどうすれば褒められるかがわかるので、今後の目標が設定しやすくなる

まず、褒められた側から検証してみよう。

(1)については精神的な問題なので正確なところはわからないし、個人差も大きいので校長本人への調査無しでの検証は難しい。では、(2)はどうか。「国語Aで全国平均を上回った」という明確な基準が示されているので、「成果」の定義ははっきりしている。

しかし、その定義が評価基準として妥当でなければ意味が無い。

まず、なぜ「国語A」で平均を上回ったら「褒める」のか。一番悪かったのが国語Aなのだから、他はもう少しマシだったはずだ。他のテストで平均を上回っても褒められないのはなぜなのか。また、個別のテストではなく、総合点で上位だった学校は評価されないのか。国語Aは静岡県全体の結果として最下位だったのだから、上位の学校ももっと頑張れば平均は上がったはずだ。国語Aで上位だったら褒められるというのは、今回最下位だったから「国語Aに注目させたい」という意図しか感じられず、「褒める」というのは後付けの言い訳に見える。

また、「全国平均を上回った」という理由だけで「成果」と呼ぶに値するのだろうか。前回の調査で平均を大きく上回っていた学校が成績を落とした結果、なんとか平均より上を確保したという場合も成果なのだろうか。実際にそういう学校があるかどうかは別として、この基準ではそういう学校も含めて「褒める」ことになる。「成績は落ちたけどまだ平均以上だからセーフ」という発想は(生徒にはありがちな発想だが)向上心とは呼べず、今後の意欲につながるとは言いがたい。

褒められなかった側も同様だ。(4)(5)に関しては、点数が足りなかった、得点を伸ばせば良いということは明確にわかる。そして基準が「平均」なのだから大事なのは「上位にいること」であって、上昇率は評価の外にある。

平均を大きく下回っていた学校が、先生方や児童・生徒、地域の努力で大きく成績を上げたものの、元が低いからまだ平均以下という場合も、この基準では評価されない。一方で何も努力していなくて成績が落ちても、平均よりは上だったら評価されるのだから、「よし、もうちょっと頑張って平均を超えよう」という意欲にはつながりにくい。

公立の小中学校は住んでいるところで通う学校が決まるのだから、スタートラインは平等ではない。この状況で「平均より上」という基準を示すことは、本心がどこにあろうとも、現場の先生方の士気を上げるような行為ではありえない。それでも前向きに考えて意欲につなげるのが理想かも知れないが、「それでも」の時点で意欲を増すような「褒め」はできていないことになる。いわゆる「困難校」で苦労している先生方に無用な負担とプレッシャーをかけてでも手に入れるべきメリットが本当にあるのだろうか。

平均よりも上を確保していれば「成果」、そうでなければ「成果」ではないという考え方は、上位層のみをすくい上げようという発想だ。エリートのみを養成しようというのならそういう考え方もありうる。また、得られる物や地位の数が限られている場合には意味がある。入試や就職活動では限られた席を競争で勝ち取らなければならない。席が一つしか無ければ確かに1位以外には価値がない。また、商取引の世界では利益を出せなければ生き残れない。

しかし、少なくとも公立の小中学校はそういう場ではない。テストをやれば(全員満点でも取らない限り)必ず平均を下回る子は出る。勉強が得意な子もいればそうでない子もいる。競争自体は場面によって必要なものだし、向上心は大切だが、上位の子だけを育てるのが教育ではない。学力調査とは無関係な分野で才能を持つ子も当然いるわけで、そういう子の才能を伸ばす(あるいは摘まない)のも教育だ。(もちろん学校は勉強するところなので、学力を伸ばすことを否定する意図はまったくない。)

そこでこんな基準を与えられたら、それこそいわゆる「困難校」で日々様々な問題と闘っている先生方は絶望するしかない。平均に達しない学校は県の足を引っ張る存在だ。一つの学校で考えれば、平均に達しない児童・生徒は全体の足を引っ張る「やっかいもの」だ。平均を大きく下回っている生徒をテストの日に休ませようと画策する教師や、自主的に「迷惑かかるから、オレ休むよ」という児童・生徒が出て来かねない。

知事は「本来の関心は下位の学校の先生方」で、その先生方を支援したいと言う。それなら、こんな形での公表はするべきではない。今回の公表は現場の先生方に無用な不安を与えて足を引っ張る、嫌がらせにしかなっていない。(中には何も感じていない人ややる気が出たという人がいる可能性を否定はしないが、嫌な気持ちになった先生も少なくないと思う。)

結局、「褒める」ことによる効果を意図しての行動とは考えられないというのが結論だ。

単に「下位は止められたから、せめて上位を」と、「公表という実績」を作りたかっただけなのではないか。あるいは危機感を与えて問題に注目を集め、改革の原動力にしようという意図なのかも知れない。しかし、知事が「助けます」と呼びかけている現場の先生方は、そのためにさらに追い詰められてしまったように思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
褒めること(その2)。 takosan's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる